2011年4月25日月曜日

Oracleでレスポンスファイルを利用したCUIでのDB削除

スズキです。

こちらでDB作成を紹介したので、今回はDBの削除です。

まずは、DB作成に利用した"dbca.rsp"をDB削除用に下記のように調整します。

--------【dbca-del.rsp】--------
...
OPERATION_TYPE = "deleteDatabase"
...
SOURCEDB = "suzlab"
...
--------

そして、次のように実行すれば、DBが削除されます。
※パスなどの調整はされているものとします。

# su - oracle

$ dbca -silent -responseFile /home/oracle/dbca-del.rsp
--------
データベースへ接続しています。
4%完了
9%完了
14%完了
19%完了
23%完了
28%完了
47%完了
ネットワーク構成ファイルを更新しています
48%完了
52%完了
インスタンスおよびデータファイルを削除中
76%完了
100%完了
詳細はログ・ファイル"/u01/app/oracle/cfgtoollogs/dbca/suzlab.log"を参照してください。

これで、"X"いらず!?
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: