2011年4月27日水曜日

"rsync(d)"の"include"と"exclude"

スズキです。

"rsync"を使うとき、特定のファイルのみ対象にしたい場合が多々あると思いますが、
そういう場合は、"include"オプションを利用します。
ただし、"include"オプションだけでは効果がなく、

下記のように「--exclude="*"」も一緒に付ける必要があります。

# rsync -av \
> --include="access_log*" \
> --exclude="*" \
> xxx.xxx.xxx.xxx::httpd_log/ \
> /opt/cloudpack/var/anr/awstats/

"rsyncd"側で同様の事を行う場合は、"/etc/rsyncd.conf"を下記のようにします。

[httpd_log]
path        = /var/log/httpd
hosts allow = 10.0.0.0/8
read only   = true
uid         = root
gid         = root
include     = access_log*
exclude     = *

やはりこちらも「--exclude="*"」が必要になります。

"awstats & s3fs"、構築中...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: