2011年5月9日月曜日

後からELBに(ポートなどの)設定追加を行うには?

スズキです。

"AWS Manegement Console"でELBを作成すると、
後からポートなどの設定追加をすることが、コンソール上からできません。

例えば、最初、HTTPの80番ポートのみ設定し、
後でHTTPSの443番ポートが必要になった場合、少し困ってしまいます。

作り直すって手もありますが、すでにDNSに登録して本番運用されている場合は
それも許されないこともあるでしょう。

そのような場合は、コマンドラインツールやSDKで、直接APIを利用することで、
既存のELBにポートなどの設定追加が可能になります。

PHPですと、下記のようなコードとなります。

require_once("/opt/aws/php/sdk.class.php");

define("AWS_KEY" , "KKKKKKKK");
define("AWS_SECRET_KEY", "SSSSSSSS");

$elb = new AmazonELB();
$elb->set_region(AmazonELB::REGION_APAC_NE1);

$response = $elb->create_load_balancer_listeners(
"suz-lab-elb",
array(
array(
"Protocol" => "TCP",
"LoadBalancerPort" => 443,
"InstancePort" => 443
)
)
);

var_dump($response);


そのうち、コンソールでもできるようになるはず…
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: