2011年6月13日月曜日

"AWS Summit 2011 | New York"に行ってきました

スズキです。

"AWS Summit 2011 | New York"に行ってきました。

まずは、イベントの概要レポートです。(業務用も兼ねてます...)
※セッションに関するレポートは、また後日...

会場は"Hilton New York"です。12時間以上もエコノミーで飛行機に乗ってるのは、
結構きつかったです。

イベント会場は、こんな感じです。

そして、すぐにRegistrationです。イニシャル毎に受付が違うのですが、
最初H(Hiroyasu)の受付にいったら、お前はS(Suzuki)だ、とSの受付にまわされ、
海外イベント素人丸出しでした...

で、ようやく受付が終わり、いろいろとGETです。
(右側のカードは、実はUSBメモリでイベントの資料やAWSクーポンが入っています)

いくつかのソリューションプロバイダーは出展もしているのですが、
そこはドリンクバーみたいな感じにもなっています。

セッション会場は、こんな感じで広々しています。(開始前なので、人はいませんが...)

そして開始です。
午前中は、"Amazon.com"のCTO、"Werner Vogels"氏による
Keynote(State of the Cloud)と、下記パートナーによる
プレゼンテーションとパネルディスカッションです。
NY Times, Medidata, Vimeo, Alcatel-Lucent

残念ながら、このレベルの英語は、僕には非常にきつかったのですが、
気をとりなおして昼食です。

Tシャツももらいました。(せっかくなので帰国時は、これ着て自宅まで帰りました)

午後は3箇所に別れて、下記のテーマに沿ったセッションが続きます。
- Trailhead (Introductory Sessions)
- Base Camp (Advanced Sessions)
- Guided Trek (Solutions Provider Sessions)

僕は、下記に参加しました。
- How to Become an AWS Solution Provider (Guided Trek)
- Designing Fault-Tolerant Applications (Base Camp)
- Security Detecting Vulnerabilities (Base Camp)
- High Availability Databases (Base Camp)
- Overview of Security in the Cloud (Trailhead)
- Application Security Best Practices (Base Camp)
残念ながら、コチラも僕の英語力では非常に厳しいかったのですが、
気持ちは感じ取れたのでは、と思っています。

最後は、"Amazon.com"のDirector、"Jon Jenkins"氏による
Keynote(How Amazon Migrated to AWS)でしめられ、
"Cocktail Reception"に続きます。

こんな感じで、二泊四日の強行日程で行ってきました。

1日以上飛行機に乗ってたってことか...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: