2011年6月7日火曜日

"/dev/shm"のサイズを変更する

スズキです。

デフォルトでは、下記のように実メモリの半分のサイズになっていますが、
たまに、Oracleサーバなどでは、もっと大きなサイズにしたい場合もります。

# df -h
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/sda1             9.9G  8.5G  948M  91% /
none                  308M     0  308M   0% /dev/shm

ちなみに、この状態の"/etc/fstab"は次のとおりです。

...
tmpfs  /dev/shm  tmpfs  defaults  0  0

サイズを変更したい場合は、下記のように変更したいサイズを"size"オプションで指定します。

...
tmpfs  /dev/shm  tmpfs  defaults,size=512M  0  0

すると、このように指定されたサイズになっていることが確認できます。
(一回"unmount"して"mount"する必要がありますが)

# df -h
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/sda1             9.9G  8.5G  948M  91% /
none                  512M     0  512M   0% /dev/shm

Oracle、進化してるなー...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: