2011年6月8日水曜日

Oracleの自動メモリ管理

スズキです。

自動メモリ管理とは、ターゲット・メモリー・サイズ(MEMORY_TARGET)で指定された
メモリ容量を自動的にSGAとPGAに割り振ってくれる便利機能です。

やり方は、コチラで紹介したような初期化・パラメータファイルに、
下記のようにパラメータを指定してOracleを起動するだけです。

...
*.memory_max_target=68719476736
*.memory_target=68719476736

パラメータはちゃんと反映しているようです。

SQL> SHOW PARAMETER TARGET;
NAME              TYPE        VALUE
----------------- ----------- -----
...
memory_max_target big integer   64G
memory_target     big integer   64G
...

メモリは下記のように割り振られているようです。
("SGA Target + PGA Target = Memory Target"となってます)

SQL> SELECT COMPONENT, MAX_SIZE FROM V$MEMORY_DYNAMIC_COMPONENTS;
COMPONENT                MAX_SIZE
------------------------ ----------
shared pool              3489660928
large pool                268435456
java pool                 536870912
streams pool                      0
SGA Target               4.1071E+10
DEFAULT buffer cache     3.6776E+10
KEEP buffer cache                 0
RECYCLE buffer cache              0
DEFAULT 2K buffer cache           0
DEFAULT 4K buffer cache           0
DEFAULT 8K buffer cache           0
DEFAULT 16K buffer cache          0
DEFAULT 32K buffer cache          0
Shared IO Pool                    0
PGA Target               2.7649E+10
ASM Buffer Cache                  0

Oracleマスターに一歩近づいたかな?
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: