2011年6月7日火曜日

Oracleで"初期化・パラメータファイル"(init.ora)を"サーバー・パラメータファイル"(spfile.ora)から作成

スズキです。

近頃のOracle(11g)は基本的に"初期化・パラメータファイル"(init.ora)ではなく、
"サーバー・パラメータファイル"(spfile.ora)を読み込んで起動するようになってます。

しかし、"サーバー・パラメータファイル"(spfile.ora)はバイナリファイルなので、
パラメータ調整のために編集することができません。

やはり、"初期化・パラメータファイル"(init.ora)でパラメータ設定したい場合も
あると思います。

ということで、"初期化・パラメータファイル"(init.ora)の作成に関してですが、
下記のように、"サーバー・パラメータファイル"(spfile.ora)から作成することが可能です。

$ sqlplus / as sysdba
...
SQL> create pfile='initsuz.ora' from spfile
※ "SID=suz"としています。
※ "initsuz.ora"は"$ORACLE_HOME/dbs/"以下に出力されます。

ただ、この状態では"initsuz.ora"よりも先に"spfilesuz.ora"が読み込まれてしまうので、
"initsuz.ora"の内容が反映されません。

ですので、"spfilesuz.ora"を"spfilesuz.ora.bak"などリネームして、
Oracleを起動する必要があります。

まだ9i脳だなー...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: