2011年6月15日水曜日

"Windows Server 2008 R2 SP1"(EC2)で"IE ESC"を解除

スズキです。

EC2でWindowsを利用する場合、基本的に"Windows Server"を選択することになると思います。
今、東京リージョンで利用するなら、下記のようなAMI(Windows Server 2008 R2 SP1)
になると思います。

ID: ami-b8e842b9
Name: Windows-2008R2-SP1-Base-Locale-JA-JP-v101
Description: Microsoft Windows 2008 R2 with SP1 Base AMI Locale JA-JP provided by Amazon
Platform: Windows
Image size: 35 GB
Owner: amazon (206029621532)

EC2のおかげで気軽に"Windows Server"が利用出来るようになり、
実際に"Windows Server"を相手にした業務も増えてきているのですが、
今までLinux中心の業務を行っているような人は、
Windows(Client)と同じ感覚で"Windows Server"を利用すると、
そのデフォルトのセキュリティ制限の厳しさに驚くと思います。

その厳しいセキュリティ制限の一つに
"IE ESC"(Internet Explorer Enhanced Security Configuration)
が挙げられると思います。

これはIEのセキュリティ制限で、許可されたサイトしか閲覧できず、
それがデフォルトとなっています。
(それ以外のサイトを閲覧しようとすると、毎回ダイアログで許可を求めてきます)

適当なアプリケーションをインターネットからIEを用いてダウンロードする場合は
非常にストレスを感じてしまいます。

ということで、解除方法です。

まずは下記のように、サーバマネージャーを起動します。


次に、下記のように開いたウィンドウの「セキュリティ情報」部分の右側のメニューの
一番下にある「IE ESC の構成」をクリックします。


すると下記のようにダイアログが出てきますので、
「Administrators グループ」をオフにします。


これで、ストレスなくIEで必要なものをダウンロード出来るようになります。

構築が終わったら、再び"IE ESC"を有効にしておきましょう...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: