2011年7月6日水曜日

"SUZ-LAB AMI"で負荷テスト

スズキです。

複数の"JMeter Server"を使った負荷テストを"SUZ-LAB AMI"使って簡単にやろう!
って話です。

【事前作業】

(1) まずは負荷テストを実施するインスタンスに付与するEIPを事前に取得しておきます。
これは負荷テストの前にAmazonへの申請が必要となるのですが、
そのときに必要になります。

※現在、負荷テストでは申請は必要ないようです。
(2) Amazonに負荷テストの申請をコチラから行います。
上記で取得したEIPを "Scanning IP addresses (Source)"に入力します。

(3) 下記で紹介したように"SUZ-LAB JMeter Client AMI"でテストシナリオを作成します。
SUZ-LAB謹製 JMeter Client AMI (5.6.3-2.4.0.1 64bit ap-northeast-1)
JMeterで一番簡単に負荷テスト

【当日作業】

(4) 下記で紹介した"SUZ-LAB JMeter Server AMI"を起動します。
(事前に作成しておいたEIPも付与しておきます)
SUZ-LAB謹製 JMeter Server AMI (5.6.3-2.4.0.1 32bit ap-northeast-1)

(5) "JMeter Client"の"jmeter.properties"の"remote_hosts"に
上記で起動したインスタンスの"Private IP"群を指定します。


...
remote_hosts=10.1.1.x,10.1.1.y,10.1.1.z
...

(6) 事前作業で作成しておいたテストシナリオ(jmx)を読み込みます。



(7) JMeterのGUIの「開始(リモート)」に、"jmeter.properties"に記述した
"JMeter Server"のIPアドレスが表示されます。


(8) 「全て開始(リモート)」を実行すると、
すべての"JMeter Server"でテストシナリオが実行されます。



ちなみに、テストシナリオのスレッド数が10の場合、"JMeter Server"3台で実行すると、
30スレッドでのテストになります。

引き継ぎ終了!
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: