2011年7月5日火曜日

WindowsのAMIを作成するときに"Get Windows Password"でパスワードを取得するように

スズキです。

AmazonのAMIでWindowsインスタンスを立ち上げると、
下記のように"Get Windows Password"でログインパスワードを取得する必要があります。


その後、このインスタンスを再度AMIにした場合、そのAMIから起動した
Windowsインスタンスは、上記のパスワードのままでログインできます。

しかし、最初の起動はランダムにパスワードが設定され、
上記の方法でパスワードを取得する必要があるAMIを、作成したい場合もあると思います。

そのような場合は、Windows上で動いているEC2Configサービスの
下記設定ファイル(confix.xml)を調整することで実現できます。

C:\Program Files\Amazon\Ec2ConfigService\Settings


設定ファイルの内容は以下のとおりで、「Ec2SetPassword」の項目を
「Enabled」にすることで最初の起動時にランダムパスワードが
再設定され、上記方法でパスワード取得する形となります。
(その後はDisabledが設定され同一パスワードでログインできます)

<?xml version="1.0" standalone="yes"?>
<Ec2ConfigurationSettings>
  <Plugins>
    <Plugin>
      <Name>Ec2SetPassword</Name>
      <State>Disabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2SetComputerName</Name>
      <State>Enabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2InitializeDrives</Name>
      <State>Enabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2EventLog</Name>
      <State>Disabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2ConfigureRDP</Name>
      <State>Disabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2OutputRDPCert</Name>
      <State>Enabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2SetDriveLetter</Name>
      <State>Enabled</State>
    </Plugin>
    <Plugin>
      <Name>Ec2WindowsActivate</Name>
      <State>Disabled</State>
    </Plugin>
  </Plugins>
  <GlobalSettings>
    <ManageShutdown>true</ManageShutdown>
    <SetDnsSuffixList>true</SetDnsSuffixList>
    <WaitForMetaDataAvailable>true</WaitForMetaDataAvailable>
  </GlobalSettings>
</Ec2ConfigurationSettings>

その他のパラメータなどの詳細は
"Amazon Elastic Compute Cloud User Guide"
の"Appendix C: Windows Configuration Service"に記載されています。

"JMeter Server AMI"に引き続き"JMeter Client AMI"も公開しよう。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: