2011年8月2日火曜日

"Deep Security Manager"のインストール

スズキです。

"Deep Security Manager"はWindowsしか対応していないので、
下記のAMIから作成したインスタンスにインストールしました。
AMI: Windows-2008R2-SP1-Base-Locale-JA-JP-v101 (ami-b8e842b9)
インストーラーは下記よりダウンロードできます。
Deep Security Manager 7.5
※実際にセキュリティ機能を利用するにはアクティベーションコードが必要です。

インストーラーを起動すれば、基本的に下記のように
「次へ」、「次へ」でインストールできます。




(今回は組み込みのデータベースを利用します)

(アクティベーションコードは後で入力します)






インストールが終了したら、下記のようにブラウザが起動し、上記で指定したアカウントで
ログインすると、管理コンソールが表示されます。



左メニューの「コンピューター 」を選択し、上メニューの「新規」で、
下記のように"Deep Security Agent"をインストールしたEC2インスタンスを登録できます。
"CentOS 6.0"に"Deep Security Agent"をインストール



無事登録できると、下記のように一覧に追加されます。


アクティベーションコード待ち...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: