2011年8月17日水曜日

Oracleの割当メモリ調整(自動メモリ管理)

スズキです。

今のOracle(11g)だと、自動メモリ管理という機能があり、
SGAやPGAを指定したメモリ内で、適当に割り振ってくれます。

例えば、デフォルトでDBインスタンスを作成し、
下記のようにメモリが割り当てられていたとすると、

Total System Global Area 3206836224 bytes
Fixed Size                  2148680 bytes
Variable Size            1728054968 bytes
Database Buffers         1459617792 bytes
Redo Buffers               17014784 bytes

次のように、Oracleの"MEMORY_TARGET"と"MEMORY_MAX_TARGET"を指定することで

$ export ORACLE_SID=suzlab1
$ sqlplus / as sysdba;
SQL> ALTER SYSTEM SET MEMORY_TARGET = 1024M SCOPE = SPFILE;
SQL> ALTER SYSTEM SET MEMORY_MAX_TARGET = 1024M SCOPE = SPFILE;

下記のように、指定したメモリ内で適当に割り当てられるようになります。

Total System Global Area 1068937216 bytes
Fixed Size                  2151248 bytes
Variable Size             599788720 bytes
Database Buffers          461373440 bytes
Redo Buffers                5623808 bytes

※Oracleリスタート後の結果です。

"ORA-01102"が解決できない...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: