2011年8月15日月曜日

RDS上のOracleライセンス(BYOL)について

スズキです。

EC2上のOracleのライセンスに関しては、下記のように紹介していますが、
EC2上でのOracle(Standard Edition)のライセンス(再び)
今回は、RDS上でのライセンス(BYOL)に関してです。

といってもEC2同様、コチラの通りで、

Standard Edition One(SE1)およびStandard Edition(SE)
必要ライセンス数 = 仮想コア数 / 4 (小数点以下切り上げ)
Enterprise Edition(EE)
必要ライセンス数 = 仮想コア数 / 2 (小数点以下切り上げ)
といった計算となります。

インスタンスタイプごとに必要なライセンス数は、下記のような表となります。

タイプ メモリ(G) ECU 仮想コア数 必要プロセッサ数 BYOL(Tokyo)
SE1/SE EE
db.m1.small 1.7 1.0 1 1 1 $0.13/時
db.m1.large 7.5 4.0 2 1 1 $0.52/時
db.m2.xlarge 17.1 6.5 2 1 1 $0.78/時
db.m2.2xlarge 34.0 13.0 4 1 2 $1.56/時
db.m2.4xlarge 68.0 26.0 8 2 4 $3.11/時

ライセンスばかり調べてる気が...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: