2011年8月4日木曜日

"SUZ-LAB CentOS 6"にEBSを追加

スズキです。

こちらのAMIから起動したCentOSを想定しています。
SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.0.1 64bit ap-northeast-1)


EBSボリュームの作成

"AWS Management Console"から"Create Volume"にて、
下記のように作成します。



EBSボリュームのアタッチ

"AWS Management Console"から"Attach Volume"にて、
下記のように"/dev/sdf1"にアタッチします。



ファイルシステム(EXT4)の作成

せっかくの"CentOS 6"なので、ファイルシステムは下記のようにEXT4で作成します。
※デバイスは"/dev/xvdf1"と認識されています。

# mkfs.ext4 /dev/xvdf1 
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
65536 inodes, 262144 blocks
13107 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=268435456
8 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
32768, 98304, 163840, 229376

Writing inode tables: done                            
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 24 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.


"/etc/fstab"に追加

起動時に"/mnt/ebs/0"でマウントするように、下記のように"/etc/fstab"に追記します。

/dev/xvda1      /          ext4   defaults       1 1
none            /proc      proc   defaults       0 0
none            /sys       sysfs  defaults       0 0
none            /dev/pts   devpts gid=5,mode=620 0 0
none            /dev/shm   tmpfs  defaults       0 0
/mnt/swap/0.img swap       swap   defaults       0 0
/dev/xvdf1      /mnt/ebs/0 ext4   defaults       1 2


マウントして確認

下記のとおりです。

# mount /mnt/ebs/0/
# df -k
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1             6192704   2810692   3067440  48% /
none                    305424         0    305424   0% /dev/shm
/dev/xvdf1             1032088     34052    945608   4% /mnt/ebs/0


適当なディレクトリ(/home)を追加したEBS(/mnt/ebs/0)に移動

ルートディスク(/dev/xvda1)は6GBしかないので、必要に応じて、
適当なディレクトリを追加してEBSに移動してシンボリックリンクを張ります。
"/mnt/ebs/0"以下は"/"以下と同じ構造になるようにしています。
Ex. /var/log/httpd -> /mnt/ebs/0/var/log/httpd

# mv /home /mnt/ebs/0/
# ln -s /mnt/ebs/0/home /home
# ll /
合計 80
dr-xr-xr-x.  2 root root  4096  7月 28 21:13 2011 bin
dr-xr-xr-x.  4 root root  4096  7月 28 21:13 2011 boot
drwxr-xr-x  13 root root  3320  8月  4 11:55 2011 dev
drwxr-xr-x. 59 root root  4096  8月  4 12:01 2011 etc
lrwxrwxrwx   1 root root    15  8月  4 12:03 2011 home -> /mnt/ebs/0/home
dr-xr-xr-x. 13 root root 12288  7月 28 21:13 2011 lib
drwx------   2 root root 16384  7月 28 19:18 2011 lost+found
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 media
drwxr-xr-x.  4 root root  4096  8月  4 11:08 2011 mnt
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 opt
dr-xr-xr-x  72 root root     0  8月  4 11:20 2011 proc
dr-xr-x---.  3 root root  4096  8月  4 11:14 2011 root
dr-xr-xr-x.  2 root root  4096  7月 28 21:13 2011 sbin
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 selinux
drwxr-xr-x.  2 root root  4096 11月 11 16:36 2010 srv
drwxr-xr-x  13 root root     0  8月  4 11:20 2011 sys
drwxrwxrwt.  3 root root  4096  8月  4 11:20 2011 tmp
drwxr-xr-x. 12 root root  4096  7月 28 20:36 2011 usr
drwxr-xr-x. 17 root root  4096  7月 28 20:36 2011 var


ガイドラインでした。(cloudpack用)
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: