2011年8月4日木曜日

SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.0.1 64bit ap-northeast-1)

スズキです。

下記をアップデートしました。
SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.0.0 64bit ap-northeast-1)
AMIを「suz」で検索してもらえれば、
811118151095/suz-lab_ebs_centos-core-x86_64-6.0.1
として見つかるはずです。

アップデート内容は下記となります。

▼ "epel/remi/rpmforge"リポジトリの追加と"yum update"
リポジトリの追加は下記の通りです。
"CentOS 6.0"に"epel"と"remi"と"rpmforge"のリポジトリを追加
そしてのいつものようにアップデートです。
# yum update

▼ NRPE(Ngios)のインストール
# yum install -y nagios-nrpe

▼ EBSマウント先の作成
# mkdir -p /mnt/ebs/0

▼ "swap"の作成
# mkdir /mnt/swap
# dd if=/dev/zero of=/mnt/swap/0.img bs=1M count=2048
# mkswap /mnt/swap/0.img 
mkswap: /mnt/swap/0.img: warning: don't erase bootbits sectors
        on whole disk. Use -f to force.
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 2097148 KiB
ラベルはありません, UUID=01526617-adb8-45e0-9cb2-b448ab7a7781
起動時に有効になるように"/etc/fstab"も調整
/dev/xvda1      /        ext4   defaults       1 1
none            /proc    proc   defaults       0 0
none            /sys     sysfs  defaults       0 0
none            /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
none            /dev/shm tmpfs  defaults       0 0
/mnt/swap/0.img swap     swap   defaults       0 0

▼ タイムゾーンをJSTに
# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

▼ "ntpd"のインストールと自動起動ON
# yum install -y ntp
# chkconfig ntpd on

▼ "ip(6)tables"の自動起動OFF
# chkconfig iptables off
# chkconfig ip6tables off

Enjoy!
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: