2011年8月18日木曜日

VPCでEC2インスタンスを起動

スズキです。

下記で最小構成のVPCまで作成したので、
VPCの最小構成
ここから、少しずつ拡張していきます。

今回は、VPC上にEC2インスタンスを立ち上げてみます。

EC2インスタンスを立ち上げるためには、"Subnet"を作成する必要があるので、
下記のように作成します。
(注意: 同じ"CIDR Block"を別リージョンで登録することはできません)


作成した"Subnet"は下記の通りで、デフォルトの"Route Table"と"Network ACL"が
割り当てられていることがわかります。("Route Table"と"Network ACL"は変更できます)

また、"Available IPs"が251となっていますが、これは
10.0.0.4〜10.0.0.254
の251個のIPアドレスが実際にEC2に割り振れることを意味します。


実際のEC2インスタンスは次のように上記で"Subnet"を指定して起動します。
(注意: マイクロインスタンスは利用できません)


IPアドレス(10.0.0.4〜10.0.0.254)を指定して起動することもできます。


当然、セキュリティグループはVPCの方で作られていたものが選択できます。


これで無事、指定したIPアドレス(10.0.0.4)でEC2インスタンスが起動できました。

でもインスタンスのSSHするルートがない...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: