2011年9月1日木曜日

VPCの注意点!

スズキです。

二点あります。

一点目は、
"VPN Connection"で利用している"Customer Gateway"(の"Public IP")はAWS上で
一意になっていなければならない。
です。

これは、既に別アカウントで"VPN Connection"で利用している"Customer Gateway"が
あった場合、アカウントが違っても同じ"Public IP"の"Customer Gateway"で"VPN Connection"を
作成することができません。

作ろうとすると
Conflict among chosen gateway IP address
といったエラーになってしまいます。

また、"VPN Connection"が接続できていなくても上記のエラーになってしまうので
注意が必要です。利用するには、既に利用している別アカウントの"VPN Connection"を
削除しなければなりません。

二点目は、
"Virtual Private Gateway"は"VPC"ごとに一つののみしか作成できない。
です。

既存の"Virtual Private Gateway"にアタッチされている"VPC"を、
新規に作成した"Virtual Private Gateway"にアタッチしようとすると、
下記のエラーでアタッチすることができません。
An internal error has occurred
つまり複数の拠点(Customer Gateway)から同じ"VPC"にVPN接続するには、
"Virtual Private Gateway"は一つしか作れないので、その"Virtual Private Gateway"で、
"Customer Gateway"ごとに"VPN Connection"を作成する必要があります。

勘違いしてた...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: