2011年10月21日金曜日

AWStatsでS3のログを解析

スズキです。

以前、下記のようにCloudFrontのログをAWStatsで解析してみましたが、
AWStatsでCloudFrontのログを解析
今回は、S3のログをAWStatsで解析してみます。

S3のアクセスログのフォーマットは下記で説明されている通りで
Server Access Log Format
具体的には、下記のような感じです。

323b798c3d8329a972f387aa85470ab7fd4f8fcc6a038055d847a0ca91770090 www.suz-lab.com [20/Oct/2011:00:38:09 +0000] 000.000.000.000 - 3001D4D544D44477 WEBSITE.GET.OBJECT image/logo.jpg "GET /image/logo.jpg HTTP/1.1" 200 - 7366 7366 26 25 "-" "check_http/v1.4.14 (nagios-plugins 1.4.14)" -

これをAWStatsで解析するには、設定ファイルを下記のようにする必要があります。

...
LogType=W
LogFormat="%other %virtualname %time1 %host %other %other %other %other %methodurl %code %other %bytesd %other %other %other %refererquot %uaquot %other"
LogSeparator=" "
LoadPlugin="timezone +9"
...

"LogFormat"は上記のS3のログフォーマットに合わせた形に調整し、
またS3のアクセスログのタイムスタンプはUTCなので、解析結果が日本時間になるように、
"LoadPlugin"で"timezone +9"も指定しています。

あとは、いつものAWStatsでWebでS3のアクセス状況を確認することができるはずです。

AWStats系はおわりで、次はNagios系の整理だ。。。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: