2012年1月24日火曜日

VPCのSubnetとELBの関係(Availability Zone編)

スズキです。

前回はVPC上で構築するELBと、ELBにアタッチするSubnetと、
そのSubnetで必要なIPアドレスについてまとめました。
VPCのSubnetとELBの関係(Available IP編)
そして、ELBにアタッチできるSubnetは複数アタッチすることができるので、
今回は、アタッチする複数のSubnetとAvailability Zoneの関係をまとめてみます。

まずは下記のようにaゾーンに属する2つのSubnentとbゾーンに属する
1つのSubnetを容易します。



あらかじめaゾーンのSubnet(10.0.0.0/24)をアタッチしておき、
さらに同じaゾーンのSubnet(10.0.4.0/25)をアタッチすると、


下記のように後からアタッチしたSubnetに入れ替わってしまいます。
どうも、同じゾーンのSubnetは複数アタッチできないようです。


このaゾーンのSubnet(10.0.4.0/25)がアタッチされた状態で、
bゾーンのSubnet(10.0.1.0/24)をアタッチすると、今度は追加される形で
アタッチされることがわかります。


今度は複数ゾーンのSubnetをアタッチに関して、Subnetで必要なIPアドレス数を
確認してみます。

まずは、aゾーン、bゾーン、それぞれの利用可能なIPアドレスの合計が
123未満の場合で試してみます。
(ELBを作成するにはSubnetに利用可能なIPアドレスが123必要です)



やはり、IPアドレスが足りない旨のエラーが出力されます。


次に、aゾーン、bゾーン、それぞれの利用可能なIPアドレスの合計が
123以上の場合で試してみます。




利用可能なIPアドレスの合計が123以上でも、まだ、
IPアドレスが足りない旨のエラーが出力されてしまいます。


そして、aゾーン、bゾーンのどちらか一方の利用可能なIPアドレスが
123以上の場合で試してみます。



一方のゾーンの利用可能なIPアドレスの合計が123以上でも、やはり、
IPアドレスが足りない旨のエラーが出力されてしまいます。


そして、aゾーン、bゾーンの両方の利用可能なIPアドレスが
123以上の場合で試してみます。



今度は無事、ELBを作成することができました。


つまり、ELBに対して複数のゾーン(Subnet)をアタッチする場合は、
どちらのSubnetの利用可能なIPアドレスも123以上、必要となることになります。

VPNとSubnetとELBの関係は、これである程度まとまったかな…
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: