2012年1月17日火曜日

スナップショットからWindowsインスタンスを復元

スズキです。

よく、スナップショットからAMIを作成して昔の状態のEC2インスタンスを復元する
ってことをやっているのですが、スナップショットからWindowsのAMIを作成することは、
現時点でできないようです。

なので、定期的にスナップショットはとっているものの、いざ復元するときは、
AMIにはできないので、Windows自体の復元はできず、Root Device(Cドライブ)を
適当にアタッチして、ファイルを取り出すことしかできないと思っていました。

そしたら cloudpack Night #1@oko_chang が、それに近い内容を発表してくれました。
(ありがとうございます!)

発表内容は、Windows AMIのリージョン間移行だったのですが、
移行元リージョンのWindowsをスナップショットとって移行先リージョンのWindowsで
復元するって部分は、まさに上記の問題の解決方法となります。

基本的な考え方は、インスタンスはストップするとRoot DeviceのEBSも交換できるので、
AMIを作るのではなく、スナップショットから作成したRoot DeviceのEBSを、
適当なWindowsのものと差し替えてしまうものです。

具体的な手順は下記となります。

まずはバックアップです。

(1)スナップショットを取るインスタンス(バックアップ元)を停止します。


(2)停止したインスタンスのEBS(Root Device)のスナップショットをとります。


(3)スナップショットがとれたら、取得元のインスタンスをターミネートします。

 

そして、復元です。

(4)スナップショットからEBSを作成します。


※サイズはスナップショットと同じ(30G)にします。
※ゾーン(AZ)は復元に使うインスタンスと同じ(a)にします。


(5)予め起動していた復元用インスタンス(Windows)を停止します。


(6)復元用インスタンスのEBS(Root Device)をデタッチします。


(7)復元用インスタンスにスナップショット(バックアップ元)から作成した
EBS(Root Device)をアタッチします。


※デバイスはRoot Deviceとしてアタッチするので"/dev/sda1"とします。

 

(8)復元用インスタンスをスタートします。


リモートデスクトップでログインすると、ちゃんとスナップショットをとったWindowsが
復元されていることを確認することができます。

今まで、できないと思って、再インストールしてた...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: