2012年3月8日木曜日

CentOS6.2のログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理(PAM編)

スズキです。

下記でOpenLDAPとNSSまでの準備ができました。
CentOS6.2のログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理(OpenLDAP編)

CentOS6.2のログインユーザー(認証)をOpenLDAPで管理(NSS編)

最後にPAMの設定です。

まずは、"pam_ldap.conf"です。

# cat /etc/pam_ldap.conf 
...
host localhost
base dc=suz-lab,dc=com
...

最後に、"system-auth"です。

# cat /etc/pam.d/system-auth
auth        required      pam_env.so
auth        sufficient    pam_unix.so try_first_pass nullok
auth        sufficient    pam_ldap.so use_first_pass
auth        required      pam_deny.so

account     required      pam_unix.so
account     [default=bad success=ok user_unknown=ignore] pam_ldap.so

password    requisite     pam_cracklib.so try_first_pass retry=3 type=
password    sufficient    pam_unix.so try_first_pass use_authtok nullok sha512 shadow
password    sufficient    pam_ldap.so use_authtok
password    required      pam_deny.so

session     optional      pam_keyinit.so revoke
session     required      pam_limits.so
session     [success=1 default=ignore] pam_succeed_if.so service in crond quiet use_uid
session     required      pam_unix.so
session     optional      pam_ldap.so
session     optional      pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=077

これでOpenLDAPに登録したユーザー(パスワード)でログインできるはずです。
(初回ログイン時はホームディレクトリも作成されます)

次はSSH編です。がんばろう。。。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: