2012年3月1日木曜日

VPCのNATインスタンスを作ってみる(環境準備編)

スズキです。

まずは、NATインスタンスを配置するサブネットを用意します。
このサブネットのルーティングは下記のように"0.0.0.0/0"が
"Internet Gateway"に向くようにしておきます。


そして、このサブネット上にNATインスタンスにするEC2インスタンスを立ち上げ、
他の宛先のトラフィックも受け付けるため、下記のように"Source / Dest Check"を
Disableにします。



"Source / Dest Check"をDisableにするときは、対象をインスタンスかENIか
選択することになりますが、今回はインスタンスを対象にしています。
(といってもインスタンスにデフォルトでついているENIが対象となる)


次に、上記のNATインスタンスを利用するサブネットを用意します。
このサブネットのルーティングは下記のように"0.0.0.0/0"が
NATインスタンスに向くようにします。





下記のように"0.0.0.0/0"がNATインスタンスに向くサブネットができたので、
このサブネット内のインスタンスから、NATインスタンスを経由する
実験が可能な環境ができたことになります。


次回は実際に、"SUZ-LAB謹製 CentOS AMI"をNATインスタンスを調整していきます。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: