2012年5月1日火曜日

"Kyoto Tycoon"の冗長化

スズキです。

以前、下記で"Kyoto Tycoon"のインストールを紹介しましたが、
"Kyoto Tycoon (memcached plugin)"を"CentOS 6.2"にインストール
それを冗長化(レプリケーション)してみました。

といっても、下記のように起動スクリプトを修正して再起動しただけです。

▼"ha-a"の"/etc/init.d/ktserver"
...
mhost="ha-b"
mport="1978"
rtsfile="$basedir/rts"
...
▼"ha-b"の"/etc/init.d/ktserver"
...
mhost="ha-a"
mport="1978"
rtsfile="$basedir/rts"
...

テストは下記のように実施しました。

まず、"ha-a"で書き込みを行い、正しく取得できることを確認します。
# telnet localhost 11211
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
set test1 0 0 7
suzuki1
STORED
get test1
VALUE test1 0 7
suzuki1
END
次に、"ha-b"でも正しく取得できることを確認し、さらに書き込みを行い取得も確認します。
# telnet localhost 11211
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
get test1
VALUE test1 0 7
suzuki1
END
set test2 0 0 7
suzuki2
STORED
get test2
VALUE test2 0 7
suzuki2
END
最後に、"ha-a"に戻って"ha-b"で書き込んだものが正しく取得できることを確認します。
# telnet localhost 11211
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
get test2
VALUE test2 0 7
suzuki2
END

下記で紹介したHAProxyとの連携も効果的だと思います。
HAProxy(1.4)でMemcachedの負荷分散(障害時の切り離しも)
AZまたぎのHAProxyの負荷分散は、もう少し研究したほうがいいなー...
--------
http://www.suz-lab.com/

0 コメント: