2012年6月7日木曜日

NagiosでHTML内の文字列の監視

スズキです。

Nagiosの"check_http"というプラグインで可能です。

"-r"オプションを指定することで、その文字列がHTMLコンテンツに
含まれる場合はOK、含まれない場合はCRITICALとすることができます。

# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com -r suz-lab
HTTP OK: HTTP/1.1 200 OK - 149795 bytes in 0.553 second response time |time=0.552581s;;;0.000000 size=149795B;;;0

# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com -r suzuki
HTTP CRITICAL: HTTP/1.1 200 OK - pattern not found - 149795 bytes in 0.458 second response time |time=0.457688s;;;0.000000 size=149795B;;;0

結果を反対(文字列含まれる場合はNG、含まれない場合はOK)とする場合は
"--invert-regex"オプションもつけることで実現できます。

# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com --invert-regex -r suz-lab
HTTP CRITICAL: HTTP/1.1 200 OK - pattern found - 149795 bytes in 0.536 second response time |time=0.535726s;;;0.000000 size=149795B;;;0

# /usr/lib/nagios/plugins/check_http -H blog.suz-lab.com --invert-regex -r suzuki
HTTP OK: HTTP/1.1 200 OK - 149795 bytes in 0.738 second response time |time=0.738425s;;;0.000000 size=149795B;;;0

"check_http"、オプション多すぎ...
--------
http://www.suz-lab.com/

0 コメント: