2012年9月27日木曜日

"Auto Scaling Group"のタグの変更は"as-create-or-update-tags"を使う

スズキです。

"Auto Scaling Group"の設定の変更は下記で紹介したように
"as-update-auto-scaling-group"で行うのですが、
"Auto Scaling"で利用するAMIをアップデートしてみる
同様にタグも変更しようとしたら、エラーになってしまいました。

タグの変更は専用のコマンドが用意されており、"as-create-or-update-tags"で行います。

まずは、現状のタグを確認して、
# as-describe-tags 
TAG  vpc-ag-1  auto-scaling-group  Name  vpc-ec2-1  true
上記のコマンドでアップデートし、
# as-create-or-update-tags --tag "id=vpc-ag-1, t=auto-scaling-group, k=Name, v=vpc-ec2-2, p=true"
OK-Created/Updated tags
確認すると、
# as-describe-tags 
TAG  vpc-ag-1  auto-scaling-group  Name  vpc-ec2-2  true
タグが変更されていることがわかります。

オプション"--tag"で指定されている値は、
  • id = "Auto Scaling Group"の名前(resource-name)
  • t = "auto-scaling-group"固定(でいい?)(resource-type)
  • k = タグのキー(tag-key)
  • v = タグの値(tag-val)
  • p = "Auto Scaling"がEC2起動時に同じタグをつけるか?(propagate-at-launch flag)
といった感じです。

"propagate-at-launch flag"は、もう少し掘り下げておこう。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: