2012年9月24日月曜日

"Auto Scaling"の"Metrics Collection"って?

スズキです。

"Auto Scaling"いじってて、ずっと気になっていた"Metrics Collection"、
そろそろ、気持ち悪さに限界がきたので、少し調べてみました。
(MetricsなのでCloudWatch関係でしょうか?)

まずは"as-describe-metric-collection-types"といったコマンドがあったので、
実行してみます。
# as-describe-metric-collection-types
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupMinSize
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupMaxSize
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupDesiredCapacity
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupInServiceInstances
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupPendingInstances
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupTerminatingInstances
METRIC-COLLECTION-TYPE  GroupTotalInstances
METRIC-GRANULARITY-TYPE  1Minute

"METRIC COLLECTION"と"METRIC GRANULARITY"の種類が表示されました...
(まだ何のことだかわかりません...)

そして"as-enable-metrics-collection"といった"Metrics Collection"を有効にする
コマンドがあったので、実行してみます。
# as-enable-metrics-collection vpc-ag-1 --granularity 1Minute
OK-Enabled metrics collection
"--granularity"は、上記のMETRIC-GRANULARITY-TYPEから(一種類しかありませんが)
"--metrics"には、METRIC-COLLECTION-TYPE(複数指定可)を指定します。
("--metrics"を省略した場合はすべてのMETRIC-COLLECTION-TYPEが指定されます)

で、何が起こったかというと...
下記のようにCloudWatchで、"Auto Scaling Group"ごとMETRIC-COLLECTION-TYPE
にあったメトリックが取得できるようになっていました。


ちょっと、すっきりした...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: