2012年9月9日日曜日

"CentOS 6"に"PostgreSQL 9.1"をインストール

スズキです。

下記に"yum"のリポジトリが用意されているので、
そこからインストールすると簡単です。
PostgreSQL RPM Repository (with Yum)

まずは、上記の画像の"CentOS 6 - x86_64"のリンクからダウンロードできる
RPMをインストールします。
# rpm -Uvh http://yum.pgrpms.org/9.1/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos91-9.1-4.noarch.rpm
すると下記のように"yum"のリポジトリファイルが配置されます。
# cat /etc/yum.repos.d/pgdg-91-centos.repo 
[pgdg91]
name=PostgreSQL 9.1 $releasever - $basearch
baseurl=http://yum.postgresql.org/9.1/redhat/rhel-$releasever-$basearch
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-PGDG

[pgdg91-source]
name=PostgreSQL 9.1 $releasever - $basearch - Source
failovermethod=priority
baseurl=http://yum.postgresql.org/srpms/9.1/redhat/rhel-$releasever-$basearch
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-PGDG

インストールは下記の通りです。
yum -y install postgresql91-server
そして、データベースを作成します。
# /etc/init.d/postgresql-9.1 initdb
データベースを初期化中:                                    [  OK  ]
データベースが作成できたら、次のようにサービスとして起動できるようになります。
# /etc/init.d/postgresql-9.1 start
postgresql-9.1 サービスを開始中:                           [  OK  ]

次はレプリケーション。
--------
http://www.suz-lab.com/

0 コメント: