2012年9月12日水曜日

PostfixからSESにリレー(postfix編)

スズキです。

下記より、SESと"stunnel"の間は問題なく動作しているのが確認できたので、
ようやく、Postfixを"stunnel"経由でSESにリレーする設定です。

と言っても、下記の"To configure integration using a secure tunnel"に
書かれているとおりです。
Integrating Amazon SES with Postfix
まずは"/etc/postfix/main.cf"に下記を追加します。
relayhost = 127.0.0.1:2525
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_tls_security_level = may
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd

次に下記の内容の"/etc/postfix/sasl_passwd"を作成します。
127.0.0.1:2525 [アクセスキー]:[シークレットキー]

そして下記コマンでで上記を反映します。
# postmap hash:/etc/postfix/sasl_passwd

最後にPostfixのリスタートで、SESへのリレーが行われるようになっているはずです。
# /etc/init.d/postfix restart

実際に下記のように"sendmail"コマンドでメールを送信してみると、
# sendmail -t -f suzuki@suz-lab.com suzuki@suz-lab.com
FROM: suzuki@suz-lab.com
TO: suzuki@suz-lab.com
SUBJECT: test30

test30
.
"/var/log/maillog"に次のようなログが出力され、
無事リレーでメールが送信されていることがわかります。
Sep 12 03:47:50 ip-10-0-0-167 postfix/pickup[16505]: D3949BC6: uid=0 from=<suzuki@suz-lab.com>
Sep 12 03:47:50 ip-10-0-0-167 postfix/cleanup[16647]: D3949BC6: message-id=<20120911184750.D3949BC6@ip-10-0-0-167.localdomain>
Sep 12 03:47:50 ip-10-0-0-167 postfix/qmgr[16506]: D3949BC6: from=<suzuki@suz-lab.com>, size=305, nrcpt=1 (queue active)
Sep 12 03:47:53 ip-10-0-0-167 postfix/smtp[16649]: D3949BC6: to=<suzuki@suz-lab.com>, relay=127.0.0.1[127.0.0.1]:2525, delay=36, delays=34/0/1.2/1.2, dsn=2.0.0, status=sent (250 Ok 00000139b6a8b2ac-d364c3cc-236d-4356-ab25-5889ac33409e-000000)
Sep 12 03:47:53 ip-10-0-0-167 postfix/qmgr[16506]: D3949BC6: removed

"To configure integration using STARTTLS"なら"stunnel"はいらないのか!?
--------
http://www.suz-lab.com/

0 コメント: