2012年9月12日水曜日

SASL authentication failed; cannot authenticate to server 127.0.0.1[127.0.0.1]: no mechanism available


スズキです。

下記の設定のときに、
PostfixからSESにリレー(postfix編)
次のようなエラーが発生してしまいました。
Sep 11 21:39:24 ip-10-0-0-167 postfix/smtp[10425]: warning: SASL authentication failure: No worthy mechs found
Sep 11 21:39:24 ip-10-0-0-167 postfix/smtp[10425]: 2068DBCA: to=<suzuki@suz-lab.com>, relay=127.0.0.1[127.0.0.1]:2525, delay=976, delays=975/0.14/1/0, dsn=4.7.0, status=deferred (SASL authentication failed; cannot authenticate to server 127.0.0.1[127.0.0.1]: no mechanism available)

これは、SESのSASL認証タイプをPostfixが対応していないことを意味してます。

SESのSASL認証のタイプは下記のEHLOコマンドの結果より、
EHLO localhost
250-email-smtp.amazonaws.com
250-8BITMIME
250-SIZE 10485760
250-AUTH PLAIN LOGIN
250 Ok
PLAINとLOGINであることがわかります。

PLAINとLOGINを利用できるようにするためには、
下記のパッケージを導入する必要があります。
 
# yum -y install cyrus-sasl-plain

この辺のネタ、まだ続きます...
--------
http://www.suz-lab.com/

0 コメント: