2012年9月17日月曜日

Windows & Ruby & AWS SDK for Ruby

スズキです。

WindowsにRubyをインストールして"AWS SDK for Ruby"を使ってみました。

Windows環境は下記のAMIからEC2を立ち上げて作成しています。
AMI ID: ami-f48e33f5
AMI Name: Windows_Server-2008-R2_SP1-Japanese-64Bit-Base-2012.08.15

"AWS SDK"で利用するアクセスキーやシークレットキーは、下記のように
EC2起動時に"IAM Role"を設定し、ソースなどに記載しなくても、SDKが
勝手にメタデータから取得してくれるようにします。


設定した"IAM Role"のパーミッションは下記の通りです。SDK利用時に必要な
パーミッションを適宜設定する必要があります。


それでは、Rubyのインストールです。

まずは、下記のサイトからインストーラーをダウンロードです。
RubyInstaller for Windows

今回は現状の最新版(1.9.3-p194)をダウンロードしました。


そしてインストーラーを実行です。


下記のようにライセンスに合意して、


"Add Ruby executables to your PATH"にチェックを入れて、


簡単にインストールすることができます。


下記のように確認できればOKです。
C:\Users\Administrator>ruby -v
ruby 1.9.3p194 (2012-04-20) [i386-mingw32]

C:\Users\Administrator>gem -v
1.8.23

そして、下記のようなSDKを利用した簡単なRubyスクリプトを用意して実行します。
require 'aws-sdk'

ec2 = AWS::EC2.new(:ec2_endpoint => 'ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com')

ec2.instances.each {|instance|
  p instance.id
}

次のようにインスタンス一覧が出力されれば、SDKも("IAM Role"も)OKです。
C:\Users\Administrator\Desktop>ruby jmeter.rb
"i-71579171"
"i-cde3f7cd"
"i-905bb493"
"i-965bb495"
"i-d69b6bd5"
"i-baf606b9"

そろそろPHPからRubyにかえるか...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: