2012年10月3日水曜日

EBS暗号化ツールSecureCloudを使ってみる(登録編)

スズキです。

以前、EBSの暗号化ツールとして"cryptsetup"を紹介しましたが、
トレンドマイクロ社が下記の"SecureCloud"と呼ばれる、同様の(高機能の)を商用ツール
もあるので、今回は、こちら(Free Trial)を試してみました。



まずは"Free Trial"ボタンから、トライアルライセンス(Activation Code)を取得します。

下記のように登録を行うと、


以下のようにトライアルライセンスの"Activation Code"が発行されます。


そして、"Management Console"への"Continue"ボタンを押して、今度は次のように
"Management Console"への登録を行います。


上記のアカウントが利用できるようになったら、下記のように"Management Console"に
ログインします。(実はアカウントが登録済みだったので上記の登録は行っていません...)


ログインすると、以下のように左に、いろいろなメニューのあるページになります。


そして、下記のメニュー(Production License)から"Activation Code"の登録を行います。


すでに昔の期限切れトライアルライセンスのものが登録されていたので、


"Please enter a new activation code"ボタンより、最初に取得したトライアルライセンスの
"Activation Code"に入れ替えます。


入れ替えが成功すると次のようになり、60日間、合計5個のEBSまで利用することが
確認できます。(すでに1個使っちゃってます...)


最後に、下記のメニュー(User Management)から、エージェントをインストールするときに
利用する情報を確認しておきます。


エージェントをインストールするときに必要な情報は、"Account ID"と
"Provision passphrase"となります。


さらに、エージェントのインストールとEBSの暗号化と続きます。

今日中に全部書いて、引き継ぐ!
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: