2012年10月4日木曜日

SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.3.3 ap-northeast-1)

スズキです。

下記をアップデートしました。
SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.2.1 64bit ap-northeast-1)
AMIを「suz」で検索してもらえれば、
811118151095/suz-lab_centos-core-6.3.3
として見つかるはずです。

今回は、CentOS自体のバージョンが6.2から6.3に上がり、カーネルも最新のパッケージ
(2.6.32-279.9.1.el6)で起動するようになっています。

また、すべてのインスタンスタイプで64bitのOSが起動できるようになったので、
作成するAMIも今後、64bitのもののみとするつもりです。

アップデートは下記のように行っています。

▼パッケージのアップデート
# yum -y update
▼CentOSのバージョン確認
# cat /etc/redhat-release 
CentOS release 6.3 (Final)
▼起動カーネルの更新
# cat /boot/grub/menu.lst
default=0
timeout=0
hiddenmenu
title SUZ-LAB CentOS 6
root (hd0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-279.9.1.el6.x86_64 ro root=/dev/xvde1
initrd /boot/initramfs-2.6.32-279.9.1.el6.x86_64.img
▼変更したカーネルで起動
# reboot
▼カーネルが変更されていることを確認
# uname -a
Linux ip-10-150-174-115 2.6.32-279.9.1.el6.x86_64 #1 SMP Tue Sep 25 21:43:11 UTC 2012 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
▼古いカーネルを削除
# yum -y remove kernel-2.6.32-279.2.1.el6
▼いろいろとクリア
# echo "" > /root/.ssh/authorized_keys
# echo "" > /var/log/boot.log
# echo "" > /var/log/btmp
# echo "" > /var/log/cron
# echo "" > /var/log/dmesg
# echo "" > /var/log/dmesg.old
# echo "" > /var/log/lastlog
# echo "" > /var/log/maillog
# echo "" > /var/log/messages
# echo "" > /var/log/secure
# echo "" > /var/log/spooler
# echo "" > /var/log/tallylog
# echo "" > /var/log/wtmp
# echo "" > /var/log/yum.log
# echo "" > /var/log/audit/audit.log
# history -c

Enjoy!
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: