2012年12月7日金曜日

CentOS(6.3)にRuby(1.9)、Rails、Passengerをインストール

スズキです。

CentOS(6.3)にRuby(1.9)をソースからインストールし、
さらにRailsとPassengerも"gem"でインストールする機会があったので、
メモとしてブログに残しておきます。

まずは、準備としてパッケージのインストールです。

# yum -y install gcc gcc-c++ make curl-devel openssl-devel zlib-devel httpd-devel

次に、Rubyをソースからインストールします。

# cd /usr/local/src/
# curl -OL http://core.ring.gr.jp/pub/lang/ruby/1.9/ruby-1.9.2-p180.tar.gz
# tar xvzf ruby-1.9.2-p180.tar.gz
# cd ruby-1.9.2-p180
# ./configure
# make
# make install

さらに、OpenSSLに関するビルドも必要です。

# cd ext/openssl/
# ruby extconf.rb
# make
# make install

"Ruby on Rails"は"gem"でインストールします。

# gem install rails -v 3.2.2
※ "-v"オプションでインストールするバージョンの指定もできます。

"Phusion Passenger"も"gem" でインストールします。

# gem install passenger

"Phusion Passenger"をApacheと関連させます。

# passenger-install-apache2-module

最後に、Apacheの設定ファイルを調整します。

LoadModule passenger_module
/usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.18/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.18
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby
# !!! Be sure to point DocumentRoot to 'public'!
<Directory /somewhere/public>
    # This relaxes Apache security settings.
    AllowOverride all
    # MultiViews must be turned off.
    Options -MultiViews
</Directory>

RPMが、どっかのリポジトリに置いてあれば...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: