2012年12月17日月曜日

Corosync & Pacemaker on EC2

スズキです。

今までActive-Standby構成を組むのに、"Heartbeat & Pacemaker"を
利用していたのですが、下記の記事から、Heartbeatの代わりにCorosyncを利用するのも
ありだと思い、試してみました。
Corosync vs Heartbeat

パッケージのインストール

# yum -y install corosync
# yum -y install pacemaker

Corosyncの設定

# cat /etc/corosync/corosync.conf
compatibility: whitetank

service {
    name: pacemaker
    ver: 0
    use_mgmtd: yes
}

totem {
        version: 2
        secauth: off
        transport: udpu
        interface {
            ringnumber: 0
            transport: udpu
            bindnetaddr: 10.1.8.204
            mcastport: 5405
            ttl: 1
            member {
                memberaddr: 10.1.8.204
            }
            member {
                memberaddr: 10.1.9.104
            }
        }
}

logging {
        to_syslog: yes
        timestamp: on
}

Corosyncの起動

# /etc/init.d/corosync start
Starting Corosync Cluster Engine (corosync):               [  OK  ]

Pacemakerの確認

# crm_mon
============
Last updated: Mon Dec 17 06:16:10 2012
Last change: Mon Dec 17 06:13:23 2012 via crmd on ip-10-1-8-204
Stack: openais
Current DC: ip-10-1-8-204 - partition with quorum
Version: 1.1.7-6.el6-148fccfd5985c5590cc601123c6c16e966b85d14
2 Nodes configured, 2 expected votes
0 Resources configured.
============

Online: [ ip-10-1-8-204 ip-10-1-9-104 ]

実は、上記の理由以外に、"SUZ-LAB CentOS AMI (CentOS 6)"のリポジトリの
HeartbeatはPacemakerと連動できない(なかった?)ので、今後はCorosyncを
利用しようと考えています。

あとは、Pacemakerの話ですね...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: