2012年12月5日水曜日

起動中のEC2のAMIが無くなってしまっていたら?

スズキです。

最近、稼働中のWindowsサーバに"SQL Server"が入っていて、それがExpressなのか、
Standardなのか、素のWindows(Basic)に自分でインストールしたものか、
誰もわからなくなってしまった事件がおきました...

じゃあ、起動に利用したAMI見れば分かるだろうと思い確認してみると、下記のように、
既に無くなってしまっていて、確認できない状態でした。


いろいろ試行錯誤(ログの確認など)しながら調査したのですが、決定的な情報は見つからず、
ふと、"AMI ID"ググれば何か分かるのでは?と思ってググってみたら、何と、
"The Cloud Market"が引っかかりました!



上記のAMIは素のWindows(Basic)であったことがわかり、必然的に、"SQL Server"は
後から自分でインストールされたものであることが分かりました!


"The Cloud Market"の上記のAMIに対する詳細を見てみると、
Stateが"deregistered"になっており、つまり、"The Cloud Market"は
削除されたAMIの情報も持ち続けていることがわかります。


Windows_Server-2008-R2_SP1-Japanese-64Bit-Base-2012.06.12 (ami-fc70c3fd)

Windowsは構築後の初期AMIの取得、忘れやすいんだよなー、何故か...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: