2012年12月17日月曜日

ENIに"Secondary IP"をつけてCentOS(6)で利用

スズキです。

ENIは下記のように複数のIPアドレスをつけることができます。


この複数のIPアドレスをCentOS(6)で利用できるようにしてみます。

仮想ネットワークインターフェースの設定ファイルを作成

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth0:0

仮想ネットワークインターフェースの設定

# cat ifcfg-eth0:0
DEVICE=eth0:0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
NETADDR=10.1.8.0
NETMASK=255.255.255.0
IPADDR=10.1.8.4

ネットワークの再設定

# /etc/init.d/network restart
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:  
eth0 のIP情報を検出中... 完了。
                                                           [  OK  ]

仮想インターフェースの確認

# ifconfig eth0:0
eth0:0    Link encap:Ethernet  HWaddr 02:D1:6A:7C:4C:F7  
          inet addr:10.1.8.4  Bcast:10.1.8.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          Interrupt:247 

疎通確認

[root@ip-10-1-9-104 ~]# ping 10.1.8.4
PING 10.1.8.4 (10.1.8.4) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=1 ttl=64 time=2.35 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=2 ttl=64 time=2.39 ms
64 bytes from 10.1.8.4: icmp_seq=3 ttl=64 time=2.40 ms

複数ENIの使いどころがわからん...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: