2013年3月11日月曜日

HAProxyのログをSyslog(rsyslog)に出力

スズキです。

CentOS6上でHAProxyのログをSyslog(rsyslog)に出力する方法です。

HAProxyはSyslogにログ出力するとき、UDPの514番(Syslogの待受ポート)を
利用するので下記のように、"rsyslog"の設定を変更する必要があります。
# cat /etc/rsyslog.conf
...
# Provides UDP syslog reception
$ModLoad imudp
$UDPServerRun 514
...
再起動すると有効になります。
# service rsyslog restart
...

HAProxyは下記のようにデフォルトのままでOKです。

"yum"で簡単にインストールできます。
# yum -y install haproxy
...
ログまわりの設定は下記のようになっておりSyslog(local2)に出力されます。
# cat /etc/haproxy/haproxy.cfg
...
global
    log         127.0.0.1 local2
...
HAProxyを起動すると、
# service haproxy start
...
Syslogに下記のように出力されるはずです。
...
Mar 11 09:30:47 localhost.localdomain haproxy[31610]: Proxy main started.
Mar 11 09:30:47 localhost.localdomain haproxy[31610]: Proxy static started.
Mar 11 09:30:47 localhost.localdomain haproxy[31610]: Proxy app started.
...

Syslogに出力できれば、あとはFluentdで自由自在ですね。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: