2013年4月11日木曜日

Nagiosのアラート通知をBacklogの課題として登録

スズキです。

下記でBacklogに課題を追加するスクリプトを作成したので、

RubyでBacklogのAPIを利用して課題を追加してみる
今回はNagiosのアラート通知で上記のスクリプトを利用して、Backlogに通知情報を
課題として登録してみました。

Nagiosの設定ファイルは下記のようにしています。
# cat /etc/nagios/objects/commands.cfg
...
# 'notify-host-by-backlog' command definition
define command {
  command_name  notify-host-by-backlog
  command_line  /tmp/create-issue "space" "0000000000" "user" "password" "$HOSTSTATE$: $HOSTNAME$" "$LONGDATETIME$, $HOSTSTATE$, $HOSTNAME$, $HOSTOUTPUT$" >>/tmp/create-issue.log 2>&1
}
# 'notify-host-by-backlog' command definition
define command {
  command_name  notify-service-by-backlog
  command_line  /tmp/create-issue "space" "0000000000" "user" "password" "$SERVICESTATE$: $HOSTNAME$/$SERVICEDESC$" "$LONGDATETIME$, $SERVICESTATE$, $HOSTNAME$/$SERVICEDESC$, $SERVICEOUTPUT$" >>/tmp/create-issue.log 2>&1
}
...
# cat /etc/nagios/objects/contacts.cfg
...
define contact {
  contact_name                   nagiosadmin
  use                            generic-contact
  alias                          Nagios Admin
  service_notification_commands  notify-service-by-backlog
  host_notification_commands     notify-host-by-backlog
  email                          suzuki@suz-lab.com
}
...

実際に通知すると下記のようにBacklogの課題として登録されました。


最後にBacklogの課題が一定数以上残ってたら、Nagiosでアラート通知するところを
作って終了の予定...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: