2013年7月22日月曜日

CloudFront経由でS3("Website Hosting"機能)にアクセスできるようにする

スズキです。

CloudFrontの独自SSL証明書を試す準備として、下記のように、まず、
オリジンフェッチ先のS3を作成しました。
S3の"Website Hosting"機能を使ってサイトを公開
次は実際にCloudFrontのDistributionを作成して、CloudFront経由で
上記のコンテンツにアクセスできるようにしてみます。

CloudFront(Distribution)の作成は下記の通りです。


ポイントは、"Origin Domain Name"の部分にS3の"Website Hosting"機能の
エンドポイントを指定しているところでしょうか?(つまりカスタムオリジンです)

今回は、"/"へのアクセスで"index.html"を表示したり、エラーアクセス時に"error.html"を
表示しりしたかったので、このようにしました。

ただしカスタムオリジンなので、"Origin Access Identity"は利用できません。(残念...)

ということで、下記のように上記の"Domain Name"でアクセスすることができました。


そして、独自ドメイン(ssl.suz-lab.com)でアクセスできるように設定します。

CloudFrontは下記の通りです。


Route53は下記の通りです。



これで、独自ドメインでもアクセスできるようになりました。


当然ですが、HTTPSでは証明書エラーになります。


ということで、次は、ようやくCloudFrontで独自SSL証明書を試してみます。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: