2013年7月28日日曜日

SecureCloudの"RAID Array"機能を使って複数のEBSから一つの暗号化ボリュームを作成する(Windows)

スズキです。

下記でEBS単体の暗号化は確認できたので、今回は"RAID Array"の機能を使って
複数のEBSを一つのボリュームとしてマウントしてみます。
Windows(Server 2008 R2 SP1)でSecureCloud(3.5)を使ってみる
当然、マウントしたボリュームはすべてのEBSのサイズを合計したものになります。
(RAID0)

まずは下記のように複数のEBSがアタッチされたEC2を用意します。

 

WindowsにインストールされたSecureCloudのウィザードでConfigurationの
設定まで行い、下記のように"RAID Array"の設定を行います。


"RAID Array"の設定が終わったら、実際に暗号化を行います。
※暗号化には少し時間がかかります。



これで無事、複数のEBSを一つの暗号化ボリュームとして作成することができました。

Linuxも、どっかで試さないと。。。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: