2013年8月15日木曜日

CentOS(6.4)でSecureCloud(3.5)を使ってみる(EBS暗号化編)

スズキです。

下記のようにインストールまでは試していたのですが、先にWindowsの方を試してしまい...
ようやく、本命のCentOS6でのEBSの暗号化です。

対象のEC2には暗号化したいEBSをアタッチしておきます。


アタッチしたEBSがSecureCloudのコンソールでも確認できます。


暗号化します。(完了までに少し時間がかかります)


"/dev/ed0"のデバイスで利用できることが確認できます。


ということで、"/dev/ed0"に対して"ext4"のファイルシステムを作成してマウントします。
# mkfs.ext4 /dev/ed0
...
# mount /dev/ed0 /mnt/ebs/0
...
# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/xvde1            6.0G  3.5G  2.2G  62% /
none                  3.4G     0  3.4G   0% /dev/shm
/dev/ed0             1008M   34M  924M   4% /mnt/ebs/0
昔はAgentがマウントまでしていましたが、アップデートされてデバイス作成までに
なったようです。

ということはDRBDと連動できそうなので、次は冗長化に挑戦してみます!
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: