2013年9月15日日曜日

SUZ-LAB謹製 CentOS AMI (6.4.4 ap-northeast-1)

スズキです。

半分、業務連絡です。。。


アップデート内容は下記となります。

(1)パッケージ(yum)を最新に
# yum -y update
...

(2)"kernel-devel"を追加
# yum -y kernel-devel
...
※下記などのカーネル依存のソフトウェア利用する場合に必要になるので...
CentOS(6.4)でSecureCloud(3.5)を使ってみる(インストール編)

(3)カーネルを最新に
# uname -a
Linux ip-10-120-49-162 2.6.32-358.18.1.el6.x86_64 #1 SMP Wed Aug 28 17:19:38 UTC 2013 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

(4)AWSコマンドラインインターフェース(Python版)を最新に
# aws --version
aws-cli/1.0.0 Python/2.6.6 Linux/2.6.32-358.18.1.el6.x86_64

(5)Fluentdを最新に
# /usr/lib64/fluent/ruby/bin/fluentd --version
fluentd 0.10.38

(6)"cp/mv/rm"のバックアップ(下記参照)
CentOS6で"cp/mv"の上書きはバックアップを作成し"rm"はゴミ箱に移動してゴミ箱の中身は"tmpwatch"で定期的に削除する

(7)Postfixの設定をもう少しセキュアに(下記参照)
Postfixの簡単なセキュリティに関する設定を確認してみた

(8)"(r)syslog"の全出力(FluentdでのS3転送用です)を"/var/log/all.log"に

もう少し仕込みたいもがあったけど、時間切れ。。。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: